ラシックスという薬はどんなもの?

むくみに悩む人の救い手と言われるラシックスという薬が知りたい

ラシックスの特徴をご紹介

ラシックスの特徴についてお話していきます。

ラシックスは体の中に溜まった不要な水分を体の外に排出する働きを持っています。

どんな成分が含まれて、どんな風に作用するのかご紹介していきましょう。

どんな作用をもたらすのか
体がむくむのには色々な原因があります。最初にも話したように腎臓や心臓の調子が悪いと体の中に水分が溜まりやすくなるのは珍しいことではありません。
そのほか、女性ならご存知の方もいるかもしれませんが生理のときにむくみを感じる方もいます。
そんなむくみを感じたときにラシックスに含まれた成分が作用することで、おしっこの量を増やしてくれます。
直接腎臓に働きかけてくれるので、おのずとおしっこの量が増えて、体の中に溜まった不要な水分を体の外に排出させます。

どんな成分が含まれているのか
腎臓に働きかける成分は有効成分の「フロセミド」です。
そもそも腎臓という臓器は体全体から送られてくる水分を処理するための働きをもたらします。
そのためには腎臓にあるヘンレループと呼ばれている腎臓尿細管から尿として体の外に運び出します。
同時に、体の中に再度取り組む働きももたらすのです。
体の中に溜まった水分をリサイクルする働きもあります。
先ほど話したフロセミドという成分は、リサイクルさせずにとりあえず水分を体の外に出すよう働きかけるので、むくみが解消されていきます。
薬の用量を守らないと、本当に必要な水分まで排出させてしまうので、自己判断ではなく医師の指示を守らなければいけません。

どんな症状にプラス効果をもたらすのか
最初にも話したように腎臓や心臓の調子が悪いときに体のむくみを感じた場合、ラシックスを服用すると不要な水分が体の外に排出されていきます。
正式には腎性・肝性浮腫、そのほかうっ血性心不全に伴う心性むくみ、さらには抹消血管障害や月経前緊張症などに関連するむくみにも効果が表れます。
悪性高血圧症、高血圧症を患っている場合に血圧を下げる作用や、尿路結石を患ったときに石を排出させる効果ももたらします。
当たり前のことですが、自己判断で病気を決め付けて薬を飲むと、効果が出ないどころか副作用の心配もありますから、あくまでも病院へ行く前に予備知識を知っておく程度にとどめておいてください。



赤や黄色のパプリカはむくみに良い

 

 

 

 

 

 

« - »

顔や足のむくみにも効果があるのか むくみ解消に効果的なラシックスとは